食事療法が必要な糖尿病~工夫して美味しく栄養摂取~

病院

早めに対策する

男性

糖尿病になったら食事療法は必要不可欠なものとなります。食事療法というとなんだか、とても大変なイメージがあります。しかし食事は工夫次第で、おいしく食べることが出来るし、長続きさせることも可能です。例えば食物繊維をたくさん摂取すると良いでしょう。食物繊維には、食後の血糖値の急上昇を抑える働きが期待できます。目安としては1日20gから25gの摂取が望ましいとされます。また、たまには外食をしたいという場合もあるはずですが、その時のメニュー選択も重要です。例えば定食は食材を多く使っているので、丼物よりも定食を選ぶと良いでしょう。また量が多いと感じたら残すなどして、食べすぎないようにしましょう。また普段の調理時には量のかさを多く見せる食品や噛みごたえのある食品を利用すると良いです。

年齢とともに糖尿病になりやすいことが指摘されています。その理由としては、高齢になるほど、血糖値を下げる物質であるインスリンの分泌量が減少すると考えられているからです。またインスリンが分泌されてもその働きが悪くなるため、十分に血糖値が下がらないとも考えられています。ところで厚生労働省の発表では、糖尿病患者の数は増加傾向にあると言われています。平成23年から平成26年の3年間で、約46万人の糖尿病患者が増加したと言われています。糖尿病といえば生活習慣病と考える人も少なくありませんが、高齢者でも起こりやすい病気とも言えます。今後は高齢化社会が進めば、糖尿病患者やその予備軍と言われる人たちの数は増える可能性があります。そのための対策が必要となるでしょう。

血糖値の付き合い方を学ぶ

医者

糖尿病は風邪をひいてしまうと、風邪により血糖値が減少するので、インスリンをいつもと同じようにしようするのは危険である。糖尿病の治療では薬物療法が選ばれている。理由は二つで、一つは疾患の進行の程度に応じて薬が選択できるから、もう一つはインスリン療法よりも内服の方が手間がかからないからである。

読んでみよう

専門の内科で治療する

看護師

糖尿病になってしまったら内科で治療できます。病院選びを工夫することによって効果的な治療を受ける事ができるのです。専門で治療を行っている糖尿病内科が人気となっており、その理由はその人の症状や生活スタイルに合った治療を提案してくれるからです。

読んでみよう

治療方法を学ぼう

男性

糖尿病の運動療法においては、酸素を多く使う運動方法が、筋肉でも糖質が多く使用され糖尿病の治療に効果的である。自然に糖尿病を治療したい人にとっては食事療法が関心を集めている。食事療法は、食材や調味料にこだわることで、楽しんでこの疾患を治療ができるメリットがある。

読んでみよう